--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月18日

●古代ローマの味が解明される……かも

スペイン西部の沿岸で、およそ2000年前に沈没した船が海底に沈んでいるのが発見され、中に保存瓶が数本積まれていた事が明らかになりました。
瓶の保存状態は極めて良好だったので、科学者は内容物から古代ローマの魚醤を再現しようとしているそうです。

古代ローマの魚醤油、レシピを解明できるか!? | エキサイトニュース
この船が見つかったのは2000年の事。洋上を航行していた船のアンカーに引っかかった事で発見されたのだそうです。通常沈没船が見つかるのは深海が多く、こうした場所で見つかるのはレアケースらしいですね。
で、瓶の中に入っていたものというのが、どうやら魚醤らしいです。いわゆるニョクマムやナンプラーみたいに、魚から作られる発酵調味料の事です。日本にもしょっつるなどの魚醤がありますよね。今回の調査で魚醤が再現されると、古代ローマ時代にどのような料理が食べられていたのかが解明される事になるかも知れません。
再現される魚醤がどのようなものになるかはまだわかりませんけれど、魚醤には独特のニオイがありますからねぇ……。2000年も海中にあった魚醤がどんなニオイを発しているのか、ちょっと気にならないでもありませんなぁ……。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。