--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月19日

●猫が子犬を産んじゃった?

ブラジル南部のとある町で、猫が子犬を産んだらしいと騒ぎになっているそうです。
ついには産まれた子犬の血液検査が行われる事になったそうで……。

猫が子犬を3匹出産!? | エキサイトニュース
18歳の女性が飼っている猫が近所の雑種犬と仲良くしていた後に子供を産んだので、女性と彼女の夫や近所の人は、この犬が「父親」だと思っているようです。
しかし、普通じゃ猫が犬を産むなんて事は考えられません。そこで地元の一部メディアは、「この女性が嘘をついて人々の注目を集め、女性の出産資金を稼ごうとしているのだ」と報じました。これに対し女性の夫は憤りを隠せないでいる様子です。
こうした動きがあることから血液検査が実施されたわけですが、たぶん結果はどう見たって猫って事なんでしょうしねぇ。
この結果が出た後、地元メディアがどう報じるかが気になりますね。「嘘つき」という論調で吊し上げを食らわせるような内容だと、ちょっと悲しくなってしまいます。あまり叩かないでやってほしいんですけれどもねぇ……。

11/23追記:
エキサイトニュースに続報が入ってきていました。
血液検査の結果、子供はすべて犬だったとの事です。どうやら近所の犬の子供を育てていただけのようです。
ほ乳類が他の種類の子供を育てる事は時々あるとはいえ、なんとも人騒がせでしたねぇ……。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。