--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月21日

●視覚障害者のスピード世界新記録

イギリスの視覚障害者の男性が、スキーで2つの世界新記録を打ち立てたそうです。
おめでとうございます。

Ananova - Blind skier sets new records
視覚障害で全盲の男性が、スキーで2つの世界新記録を樹立しました。

ケビン・"キャノンボール"・アルダートンさん(35歳)は、フランスのレ・アークまスキー場で時速105マイル(およそ169キロ)を記録しました。

そして彼は先週、オランダのランドグラーフにある屋内スキー場で、時速56マイル(およそ90キロ)以上を出し、屋内の新記録を達成しました。

ケビンさんが記録を達成するために、彼はパートナーのスーザンさんとトレーナーの力を必要とします。

ケビンさんはサン紙の取材に対し「私はこの3ヶ月、厳しいトレーニングを積んできました。そのほとんどは居間でスキーとヘルメットを身につけて行いました。スーザンが練習している姿を写真に撮り、スコットランドにいる私のトレーナーにメールで送り、トレーナーからのアドバイスを受けたのです」と答えました。

彼は続けます。「コースに出ると、ガイドと話が出来るように、無線レシーバーとマイクのついたヘルメットを被ります。私がどちらかに向きを変えた場合、ガイドが私に警告してくれます。私はガイドの言う通りにスキーが出来るよう、一心に集中するんです。」

ケビンさんは、ロンドン北部のイズリングトンに暮らしています。彼は自宅近くで女性が暴漢に襲われるのを止めに入った際に、視力を失ってしまったのだそうです。

彼は記録を破ることについて、「私に人生の再チャレンジをするチャンスを与えてくれるものです。私の障害が、私を抑え込めるものではない事を証明してくれました」と言いました。

彼はスピードスキーでこの記録を打ち立てたようですね。
スピードスキーとは、急斜面を直滑降で滑り降りてスピードを競うという、至極単純かつ明快な競技です。健常者の世界記録となると250キロを越えるのだそうですが、視力のない人にとってはなかなか出来ることではありませんし、これは快挙といってもいいんじゃないでしょうか。
今後もこの記録を伸ばしてほしいものですが、この競技でこけるとケガでは済まないですからねぇ……。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。