--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月28日

●ベルリンのサンタは人手不足

今年のクリスマス、ベルリンの子供たちの元にやってくるサンタさんは、少し遅れるかも知れません。
サンタクロースを派遣している会社の社長が、人手不足を訴えているのです。

サンタクロース派遣会社は人手不足 ベルリン | エキサイトニュース
この会社はベルリンの「ハインツェルメンケン」社。同社では毎年5000軒の一般家庭に対し、20分ほどサンタクロースを派遣する商売を行っています。サンタクロースはドアの外で訪問する子供たちの親からプレゼントを預かり、子供にそのプレゼントを手渡すパフォーマンスを行います。
サンタクロースはこのパフォーマンスを10軒から12軒、多い人で20軒ほどの家を回って行います。衣装はサンタクロース自身が45ユーロ(およそ6855円)を支払って衣装を購入しなければならず、売り上げの15%を会社に渡さなければなりません。
こうした条件が嫌われるのか、今年は需要をまかないきれるだけのサンタクロースが確保できていないのだそうです。同社の社長はこう話します。
「需要に応えるには少なくとも300人のサンタが必要ですが、現在までに契約を結んだのは100人だけです」

別に立派な体格と真っ白なあごひげを持った男性だけを選んでいるわけでもないそうですが、やはりきつい仕事は敬遠されるのでしょうね。
でも……、サンタクロースの格好してティッシュ配りやサンドイッチマンをするわけじゃないのだし、曲がりなりにも本物のサンタクロースと同じ事をするのですからねぇ。子供たちの夢を壊さないためにも、出来れば多くのサンタクロースが確保できると良いのですけれどもね。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。