--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月29日

●男にあるまじき診断書

南アフリカの男が会社を休もうとして提出した診断書が偽造されたものだとして、男に70ポンド(およそ1万6000円)の罰金処分が科されました。
どうやら、男が提出した診断書には決定的な偽造の証拠があったようです。

Ananova - 'Pregnant' man in trouble
南アフリカの男は、仕事を休もうとして提出した診断書が偽造したものだと見破られ、困り果てています。彼の提出した診断書には「妊娠している」と書かれてありました。

ヨハネスブルグ近郊にあるベリーニギングの裁判官は、チャールズ・シビンダナ被告(27歳)に対し、有印私文書偽造の罪で70ポンドの罰金を支払うよう命じたと、Sapa通信が報じました。

シビンダナ被告は、診断書を妊娠したガールフレンドが通院している病院から盗み出しましたが、彼は女性だけが婦人科医の世話になるとは知らなかったのです。

ブルーノ・ヴァン・エーデン判事は、「婦人科医からの診断書を偽造して持ち歩かないように」と、冗談めかしながらシビンダナ被告に警告しました。

妊娠していると書かれた診断書を出されたら、そりゃ誰だって偽造だとわかりますよね(笑)
診断書の中身を確認していなかったという段階で既にダメなわけなんですが、事前に確認していたら多分提出はしなかったでしょうしねぇ。
もっとも、偽造しようと考えただけでもダメなんですけれどもね(笑)
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。