--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月11日

●ドバイ初の女性タクシードライバー

アラブ首長国連邦の首都ドバイに、同国初の女性タクシードライバーが誕生しました。
そこには、イスラム国家ならではの苦労があるようですよ。

Good to meter: UAE's first woman taxi driver - Yahoo! News
アイーダ・サルタンさん(43歳)は、5年もの年月をかけてアラブ首長国連邦初の女性タクシードライバーとなった未亡人です。

「主人が2002年に亡くなり、わたしは4人の子供を育てながら借金を返していかなくてはならなかったんです。でも、生活保護は受けたくありませんでした」と、彼女が言ったと伝えられました。

男性が運転するタクシーに女性が乗りたがらないので、サルタンさんが住んでいるラスアルハイマ首長国の議会は昨年、女性がタクシーを運転することを認可しました。

「男のお客様が乗って来られても運転する準備は出来ています。でも、ほとんどの女性はこのチャンスに乗ってこなかったんですよ」と、アラビア語新聞のアルベイヤン紙がサルタンさんの話として伝えています。

サルタンさんがしている事は違法ではないのですが、彼女がタクシーを運転しているときに、女性がタクシーを運転しているのを見たことのない警察によって、何度か停められたと言いました。

「でも、わたしがタクシーの運転許可証を見せると、警察はびっくりして、わたしを逮捕する代わりに、事故に遭わないようお祈りしてくれるんですよ」と、彼女は言いました。

同国では一般的に、タクシードライバーは他のアラブ諸国と同様に、アジア諸国からやって来た労働者の仕事です。

しかし、サウジアラビアは国内向けにより多くの雇用を創出するために、アジア人を含む外国人がタクシードライバーの仕事に就くことを2002年より禁止しました。同国は女性が車を運転することを禁じている世界で唯一の国です。

女性が公の場に出てくることを制限しがちなイスラム国家では、このように表に出てくる女性は極めて珍しい存在と言えますが、男女間の接触にも極めて厳格な制限がありますからね。見知らぬ男が運転しているタクシーには乗りたがらない女性が多かったのでしょう。彼女のタクシーはきっと女性向けのタクシーとして人気が出るんじゃないでしょうかね。
これで彼女の後に続く女性が出てきてくれると良いのですけれど……、さてどうなりますかね。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。