--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月17日

●線路で寝てた男に実刑判決

泥酔して線路で寝ていた男に対し、イギリスの裁判所は180時間のボランティア活動と罰金刑を命じる判決を下しました。
この男が寝ていたおかげで、ラッシュアワーの列車に4時間の遅れが出てしまったのだそうで。

線路で寝ていた男性に罰金刑と奉仕活動 | エキサイトニュース
この男はウオツカを飲み過ぎ、線路を枕にぐっすりと寝込んでいたそうです。反対側の線路を列車が何度か通過したにもかかわらず、鉄道の職員に起こされるまで目を覚まさなかったのだそうです。どれだけ飲んだんでしょうかね(苦笑)
また、BBCの報道によると、彼が寝ていた足下には高圧線が走っており、救出のために電源が切られていた事も明らかになっています。こうなると罰金とボランティアだけじゃ足りないような気もしないでもないのですが。
まぁでも、寝ているところをヘリで空撮され、しかも名前が全世界に報じられてしまったのですからねぇ……。これを機に、酒やめた方がいいんじゃないかと思うんですけどねぇ。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。