--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月18日

●女性じゃなかったの?

カタールのドーハで行われていたアジア大会は無事に閉幕したのですが、閉幕後に一騒動持ち上がったようです。
陸上女子800メートルで銀メダルを獲得したインドのサンティ・ソウンダラジャン選手のメダルが剥奪される事になりそうだとの事です。

アジア大会・女子陸上銀メダル選手は男だった? | エキサイトニュース
サンティ・ソウンダラジャン選手がドーピング検査を受けた際、係員が気になる点を見つけ、性別検査を行ったそうです。その結果はアジア・オリンピック評議会の理事会に提出されました。毎日新聞の報道によると、性別検査の結果は「女性としての性的特徴を持っていない」というものだったそうです。……つまり、彼女は男だったって事なんですよ、ね?
また、同紙によると、彼女は性別の問題で就職を断られた過去があったらしいです。彼女は一足早く帰国し、現在は連絡が取れないとの事ですが、逃げたんでしょうかねぇ……。
もっとも、逃げたところで記録もメダルも剥奪ですし、見つかろうものなら激しい非難に晒されるであろう事は言うまでもありません。せめて逃げずに釈明でもしてくれればいいんですけれどもね。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。