--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月21日

●キャリア54年のサンタさん

イギリスのバーミンガムに住むダン・ジョーンズさん(78歳)は、キャリア54年を誇る現役のサンタクロースです。
彼は自分の病気もかえりみず、病院で子供たちを相手にサンタクロースをしているのだそうで。

Ananova - Santa carries on after 54 years
バーミンガムのダン・ジョーンズさん(78歳)は、17回の心臓発作、2回の脳卒中、ガンと腎不全にもかかわらず、54年間ずっとサンタクロースを演じています。

彼は子供たちが毎年楽しみにしているので、サンタクロースを演じるために、自らの病気と闘っていると、サン紙が伝えています。

彼は「サンタクロースであることは、世界最高の感覚なんだ。これがサンタを続けられる理由なんだよ」と言いました。

事前に頼んであったサンタクロースが来られなくなったので、ダンさんは、1952年に娘の保育園でサンタクロースとしてデビューしました。

「最初はちょっとマヌケだなと思ってたんだが、子供たちの顔を見たらみんな喜んでいてね。みんな好きなんだなとわかったよ。サンタでいられる事は本当に素晴らしいことなんだ。小さい子供だと、わしを本物のサンタだと思ってる子もいるしね。それに、正直なところ、サンタをしている時は自分が健康体だと思ったりもするんだよ」と、彼は言いました。

彼は毎年11月からクリスマスまでの間、サンタクロースになります。彼は雪のように真っ白いあごひげを確実にするために、毎年7月からはひげを剃ることをやめてしまいます。

ダンさんは、今年もバーミンガムのハートランド病院でサンタクロースを演じ、子供たちにプレゼントを渡しています。彼がここでクリスマスを過ごすのは23年連続なのだそうです。

これだけの病気があるのにまだサンタを続けている……、すごい人ですな。きっと子供たちの笑顔が何よりの薬になっているのでしょう。
出来れば、この先もずつとサンタを続けていられる事を心より願ってやみません。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。