--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月30日

●レゴで空母を作っちゃった

ドイツのミュンヘンに住む男性が、レゴブロックで空母を作っちゃったんだそうです。
果たして、その出来映えやいかに。

Ananova - US aircraft carrier made out of Lego
ドイツ在住のレゴファンの男性が、30万個のレゴを使用してアメリカの航空母艦の巨大な模型を作り上げました。

ミュンヘン在住のマル・ホーキングさん(36歳)は、全長4.7メートルのアメリカ海軍の空母「ハリー・S・トルーマン」の模型をレゴで作ったと、サン紙が伝えています。

マルさんは「今回のは挑戦でしたよ」と言いました。

実際の空母は、全長1096フィート(およそ334メートル)、総トン数9万7000トンを誇り、乗員6000名を乗せています。

リンク元の写真を見ると実物かと思ってしまいますが、よく見ると継ぎ目が見えますね。よく作ったもんです。
これって、製作期間はどのくらいかかったのでしょうかね。そこら辺がちょっと気になるところです。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。